ベランダで作る野菜の記録


by yoshi09001

英訳は難しい

なぜ英訳は難しいか、というと、その第一の理由は日本語の原文が難解(不可解)だから、ということに尽きます。本当ですよ。たとえば、内容が理解できれば何とか英文にはなります。自分の使える範囲の表現で何とかする、というのはそれほど難しいことでもないし、今はGoogleで表現の妥当性もある程度検証できるし。

とにかく、意味不明な日本語が最悪。いまやっている案件はある計測器のソフトウェアのマニュアルなのですが、誰にでも分かるようには書かれていない。いや、誰にも分からないように書かれている。たとえば、このマニュアルを読む対象者を考えると、実際にソフトウェアプログラムを書く人が対象だと思いますが、なにしろ、この分野で長年飯を食ってきた私にも分からないような書き方で、普通のエンジニアに理解できるとは到底考えられない。ありえない。

ということで、全くの愚痴なのですが、こういう仕事ばかり連続するとどうなるか。もともと意味不明なんだから翻訳したあとも意味不明でいいだろう、と考えるかどうか。そこがなかなか割り切れない。字面だけで訳すなら簡単だけど、意味を伝えたいと思う限り、意味が分からないとどうしようもない。最後は何らかのコメント付きで納品することになりますが、客観的に理解できないはずの文章を書くな!と言いたいことが最近は多い。

この仕事、あと3日。
[PR]
Commented by あきーら at 2009-12-19 17:31 x
いや~、お疲れ様です。

分野は異なりますが、おそらく私が感じているフラストレーションと類似と思います。

今年は英訳の比率が顕著に増大し、7割を超えているように思います。その分、ストレスも激増しているようです。
Commented by LimaLima at 2009-12-19 22:09 x
Yoshiさん、あきーらさん、こんにちは

原文に難がある場合には、和文和訳のステップを経てから和文英訳にかかる必要があり、大変ですね。

日本の学校教育の中で、他人に理解させるための実用的な文章の書き方についての教育が軽視されてきたことも一因かもしれません。
Commented by Yoshi09001 at 2009-12-20 07:46
あきーらさん、LimaLimaさん、こんにちは

そうですよね。実用文の書き方は、実際には企業に入ってから訓練される部分が大きいような気がします。内容を知っている人が知らない人向けに分かりやすく書く、ということは結構難しく、特に技術的な内容を伝える文章は誰にでも分かるようでないと困りますが、一般に技術者はそういう訓練が不足している場合が多いような。

この仕事も昨日完了。最後に英文を見直したら、やはり??と感じるところがいくつかあり、また考え込んでしまいました。まあ、全体を終わってから見直すと、最初は意味が分からなかった部分も分かるようになったりしますから、だいぶまともにはなりました。
by Yoshi09001 | 2009-12-16 21:45 | 翻訳 | Comments(3)