ベランダで作る野菜の記録


by yoshi09001

訳抜け?

今日は午後から英訳のセミナーなので、提出した課題を見ておこうとして気がついた。何ということか、4題あるうちの1題をやらずに提出していたのだ。訳抜けにも等しいお粗末さ。おそらく、後でやろうと思っていたところで、そのうちに終わった気になって出してしまったのだろう。まったく信じられない。

そこで、まだ時間があるのでやっておくことにしたのだが、短いから Trados を使うまでもなかろうと、Word上で翻訳を始め、そこでようやく気付いた。

これまで Trados 2014/2015が頻繁にフリーズして困ると思っていた現象が、実はWord上でも起きるということが分かったのだ。というより、おそらくは ATOK の問題なのだろう。普通に入力していて、何か別の画面に行き、戻って来たときにタイプ入力ができなくなり、多くの場合は一定の範囲が選択された状態のままになりそこから抜けられない。あるいは別の設定画面が勝手に起動されたりする。また、その状態から脱出するには、AHKで作ったマウスからのGoogle一発検索をやればよい。それで大抵は回復する。それでも駄目な場合はPCの再起動。

この現象は過去にもたまにあったのだが、ここ数ヶ月で頻度が高くなり、ちょうどTrados 2014/2015に移行する時期と重なっていたのでTradosのエラーだと思い込んでしまったようだ。なんともばかばかしい。

さて、そうと分かれば Trados Studio 2015の問題ではない。また振り出しに戻ってしまうが、さてどうするか・・・。

これは昨日の散歩。まだ咲いていたので撮っておいた。
c0199370_914505.jpg

[PR]
by Yoshi09001 | 2016-04-16 09:23 | 翻訳 | Comments(0)