ベランダで作る野菜の記録


by yoshi09001

カテゴリ:翻訳( 162 )

Wordマクロのセミナー

昨日はJATの月例セミナーで、Wordマクロのセミナーに行ってきました。講師はワードMVPの新田順也さん。新しい発見がたくさんあったので、忘れないうちに書いておきます。

1つ目はオートコレクト、いわゆるおせっかい機能のこと。確かに設定は自分でやってるんだけれどその機能そのものをあまりよく理解していない。もういちど全部リセットしてそこから始めるというのは新鮮だった。

2つ目は新しいワード2013の機能紹介とデモ。自分はまだ2003を使っているが、乗り換えるべきか、考えてしまった。新田さんとも話したが、サポート切れになったら、大手の翻訳会社では新しいバージョンの使用を求めてくるのではないか、ということもあり、そろそろ意識的に移行を考えた方がいいかもしれない。

特にPDFファイルが読めるようになっていることなど、嬉しい気がするし、大変だけどここらで思い切って環境変えてみるのもいいかな。

ところで、今この原稿はドラゴンスピーチで入力している。昨日帰ってからインストール、設定したけど、結構使えそうな気がする。ただし文章としてどんどん入力しているといいけれど、ひとつだけの単語とかで入力すると間違えることが多い。まぁもう少しだけやれば慣れてくるかもしれない。

ドラゴンスピーチでは、ちゃんと考えてから入力しないとうまくいかない。無駄な言葉、えーとかあーとか言うとそのまま入ってしまうので、そういう癖を直すのには効果的かも(笑)。

とりあえずこれぐらいにして、仕事した後でまた少し練習してみよう。
[PR]
by Yoshi09001 | 2013-02-10 09:13 | 翻訳 | Comments(0)

OS移行(終わり)

今年に入ってからはOS移行後のマシンで翻訳仕事を続けており、特に問題は出なくなった感じ。Tradosも問題なく動くし、これでしばらくは安泰でしょう。

OSをWin7にしてよかったこと:
1.起動が早くなった(以前のXPが遅すぎたw)。
2.その他の動作も何となく速くなった気がする。
3. 復元ポイントを簡単に指定できるのでトラブル発生時に便利。


OSをWin7にして困ったこと(とその解決策):
1.一部のソフトや辞書が使えなくなった(OALD、ステッドマン?、LDCE、ロイヤル英文法、フォトショップ)。
→ LDCE4とステッドマンはJammingに入れてしまったので問題なし!

2.メーラー(OE)が使えないのでGmail化したが、まだ慣れないのでやりにくい。
→ Gmailに慣れた。特に問題ない。

3.ネットワーク系の接続(LANDISKへの接続)がまだ調子悪い。
→2/2、LANDISKをリセットしてから再設定して解決!

4.フォルダの表示を小さくしたいがやり方がわからない(XPの時の方がよかった)。
→ 整理→レイアウトで調整できることが判明。ただしXPの時の方が良かった。

5.プリンタが使えなくなったこと(HP5551)。
→ HPのサイトで代替ドライバをみつけ、手順通り(難しい)にセットしたらOKになった。

6.ATOKを新しく(64ビットに)しないと、デスクトップでの日本語入力が不便。
→ATOK2013に変更して快適。Dragon Speechも使えるようにした。


まあ、そのうち慣れるでしょう。
→ だいぶ慣れました。

追記は2/27
[PR]
by Yoshi09001 | 2013-01-16 09:08 | 翻訳 | Comments(2)

OS移行(続き)

1月3日、今日から張り切って仕事を再開・・なのですが、Trados関連でまたまたトラブル発生。前回、移行後のOSでTradosの動作をチェックしたときは SimplyTermsでテキスト化しての作業ではなかったので問題なかったのですが、今度はWord2003のマクロで問題発生。

ご存じのとおり、SimplyTermsでテキスト化した場合、テキスト以外に翻訳単位を識別するためのコードが追加されますが、Tradosで翻訳作業を行うとき、いちいちそこでストップしてしまい面倒です。そこでこれを外部タグにしてしまい、Tradosでの作業をスムーズにしようという工夫をしています(詳細は帽子屋さんのブログ http://baldhatter.txt-nifty.com/trados/2012/09/ppt-simplyterms.html#moreを参照)。

今朝一番、仕事にかかった途端にここでストップ。当然ながらこのためのマクロが動作しないのでした。設定方法は帽子屋さんのブログの通りなのですが、面倒だったのでとりあえず同じ効果のある別のマクロで仕事を進めることに。

さて、仕事が終わってからこのアドインを入れようとして四苦八苦。半年前にやった作業でも、完璧に忘れています。なので、後で迷わないよう、今回はその手順をここに書いておきます。

1. 必要なスタイル(tw4winExternal、tw4winInternal)の入ったWordファイルを用意。
2. なお、Wordを立ち上げたときの文書1のスタイルを見ると、当然これらのスタイルは
  組み込まれていません。
3. 必要なスタイルの入ったWordファイルを開き、ツール→「テンプレートとアドイン」
  を開き、左下の「構成内容変更」をクリック。
4. 左側のペインにあるスタイル(tw4winExternal、tw4winInternal)を、右側のペイン
  (Normal)にコピーして終了。
5. Wordファイルをすべて閉じます。
6.再びWordを立ち上げて(文書1)スタイルの内容を確認すると、スタイルはちゃんと
  入っています。

はい、これだけでOKです。SimplyTermsで作ったテキストファイルを右クリックして
「プログラムから開く」でWordを選択してください。開いたWordファイルには自動的に
これらのスタイルが入っています。あとは外部タグ化のマクロを使えば一発です。

外部タグ化のマクロはbaldhatterさんのブログ↓

http://baldhatter.txt-nifty.com/trados/2012/09/ppt-simplyterms.html#more

に記載されている手順(ステップ5~6)をそのままマクロ化しただけです。

やはり、OSを変更した後の移行作業は1つずつ、こつこつ、ですね。
[PR]
by Yoshi09001 | 2013-01-03 17:34 | 翻訳 | Comments(0)

OSの移行(続き)

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

今年最初の写真。サヤエンドウが芽を出したところです。
c0199370_917372.jpg


とうとう2013年に突入。考えてみると、昨年中にやっておけばよかった・・なんてことがたくさん出てきます。まずは今年用のExcelのJOBファイル作成とか、新OSで各種の設定とか。

昨日(12/31)の作業では、

(1) BunBackupのインストールとバックアップファイルの設定:OK
(2) メールは当面 Gmail を使ってみることにしたので、特に他のメーラーは使わない。
  サブマシン(960SFF)のOEが動いているので、過去のメールはそちらで
  見ることにします。

2013/1/1
(1) Nikon Transfer でカメラのデータを取り込もうとしたら、何とカメラに入っている
   全画像が転送対象に・・・。これは困るので、カメラの画像データを削除。
   上の写真はその後で撮ったものです。

これ以降の設定予定(あとで追記予定)
  iTunes
  CClearner
  Spybot
  TweetDeck
  Skype
  VXGrep
  やよい
[PR]
by Yoshi09001 | 2013-01-01 09:22 | 翻訳 | Comments(0)

OSをXPからWin7に移行

12月29日から31日にかけてOSの移行作業を行いました。
今後の参考のため、手順の要点をまとめておきます。

DELL Optiplex 980SFFのOSをXPからWin7 Proに変更

1.ハードディスク: 350GBx2 (RAID1)→750GB x2 (C、D)
2.メモリー: 4GB→16GB
3.OS: Windows 7 Professional SP1 (64 bit)

4. 手順
12/29
(1) バックアップ→すぐに必要なファイルをサブマシン(960SFF)にコピー
(2) OSのインストールと基本設定
   DELLサイトからダウンロードしたWin7-64bitドライバ各種もインストール
(3) ディスプレイの設定(2台):ほぼ自動的
(4) ネットワーク設定・確認
(5) ブラウザIE9、Chromeのインストール
  ここでFacebook、Twitter (Hootsuite)も動作可能になった。
(6) ウイルス対策ソフト:avastインストール
(7) Input Director(少しとらぶった=ディスプレイ配置の関係)
(8) Office2003のインストール
(9) この日は最初にやるべきRAID設定ができず、悩みながら時間を浪費。

12/30
(1) RAID設定ができない。ボリューム作成方法が不明。管理者権限?
(2) BIOS Update A12
(3) 結局、RAIDはあきらめ、Dドライブはフォーマットした。
   CドライブにOS+プログラム、Dドライブにデータという構成にした。
(4) 外部ディスクにOSがXPだった時のHDを挿入しeSATA経由で接続。
(5) 外部HDからPC環境、JOB関係、その他のデータフォルダをコピー
   ところがフォルダコピー後に再起動しても立ち上がらず、
   失敗して復元ポイントまで戻り大幅に時間ロス
(6) ここから繰り返しでOffice2003からインストール
(7) 一太郎、ATOK15、手裏剣メーラー(使いにくいのでNG)
(8) デスクトップ画像の変更(中央に合わせる):PC環境の中のDeskTop Pictures
   (ここらへんから復元ポイントを頻繁に設定)
(9) ネットワーク上のDELL960のアイコン2個(JOB/Share)をデスクトップに
  C、D、CDの各ドライブとJOB関係のフォルダをデスクトップに
(10) iDisk Manager → OK
(11) ATOKSync → OK(ATOK15Updateが先)、
    ATOKSync→同期完了、これで日本語入力が楽になった。
(12) SEIKO辞書Pasorama うまくいかない。→ドライバ更新でOK。
(13) HP5551プリンタ→Win7対応なし。互換ドライバなし。
   Windows Update更新プログラムのインストールHP5550でやってみたがNG
   これ以上は方法がないので、当面のプリントはDELL960から行うことにする。
(14) Drop Boxインストール、これでファイルのやりとりが楽になった。
(15) メール設定、Mozilla Thunderbird、なんだかよく分からないのでやめた。
    メールは結構たいへんだ。
(16) Windows Essentialsのメール機能を使ってみる。これも趣味に合わない。
(17) ネットワーク接続=D520(Win7)確認。結局はDropBox経由でOK。
(18) Trados とMultiTermのインストール
  前回、4月にD520にインストールしたときのことをほとんど覚えていない。
  また試行錯誤。DELL960にあったTrados_7_Freelanceと
  Trados Multiterm7 Desktopの2フォルダをDropBox経由で渡してインストール。
  ライセンスフォルダのみ、PC環境→Trados_Install_121230に入れた。
  一応はインストール成功だが、設定は未。使いながら設定していくこと。
(19) ABBYY Fine Reader 11 Professional Edition
    ABBYY Fine Readerのライセンス認証と登録が完了。
(20) PDF Zillaインストール
(21) 辞書インストール
  Jamming+辞書多数(これが実に面倒な作業):OK
  かんざし:OK
  英辞郎(PDIC)インストール:OK
  Cobuildインストール:OK
  Oxford Advanced Learner’s Dic. (Oxford 7th):OK
  Stedmanステッドマン医学大辞典インストール:OK
  Longman (LDCE):インストール不可:Win7の64ビットでは使えないことが判明。

12/31
(1) 引き続き辞書のインストール
  Random House→OK
  ロイヤル英文法→NG
  JammingがEAccess Violationエラーになるので復元ポイントに戻る。
    → Kさんの辞書を削除してOK。そういえば以前もそうだった。
  RandomHouse→OK
  かんざしの設定→OK
  海野さんの辞書→OK
(2) ATOKがおかしい?デスクトップで日本語にならない。
  →言語設定でOK。ATOKは32ビットのみ。デスクトップではIMEを使う。
   そろそろATOKも新しくしないとネ。
(3) NIKON Suiteのインストール:Nikon Transfer、View NX
(4) ACDSee
(5) PhotoShopLE → インストール出来ない(さすがに古すぎる)。
(6) ST、nPOPは極めて容易。
(7) Wordマクロの移行(コピーするだけ)、右クリックリスト、マウスボタン割り当て
(8) Wordの各種設定

いまここ。これでTrados、Word、辞書の環境がほぼ整ったので仕事ができる
状態になったと思われる。あとは実際に仕事しながら少しずつ設定していく。

この後の作業:
(1) メール(アドレス帳等)
  今後メーラーとして何を使うか、実に悩ましい。Outlook Expressに慣れているので
  他のメーラーはどれも気にいらない。

(2) その他(これから)
  BunBackup
  iTunes
  CClearner
  Spybot
  TweetDeck
  Skype
  VXGrep
  やよい
  FTP
[PR]
by Yoshi09001 | 2012-12-31 13:21 | 翻訳 | Comments(0)

外付けHDDボックス雑感

Win 7に移行する前段階として MARSHAL HDD TOWER 4 という、2.5インチ/3.5インチSATAディスクを合計4個収納できるHDDボックスを買ったので、早速メインPCに接続してみた。以下、雑感(覚え書き)。

1. メインPCのDELL Optiplex 980SFF には eSATA インタフェースが付いているので、まずここに接続してみた。試しに接続したHDDは、現在のサブマシンであるDELL Optiplex 960SFFに以前入っていて、故障して交換した160GBのHDD。まずはうまく認識された(これをHDD 1とする)。

2. 次にその前のマシンである DELL Dimension 8400に入っていた250GBの3.5インチSATAディスクを2個(RAID1)取り出し(HDD2、HDD3とする)、このタワーに挿入したが、ここで問題が発生し全然認識されない。いろいろ試行錯誤の末、上のHDD1を外した状態ではいずれか1台だけ認識されることが分かった。

3. すなわち、もう少し調べないと分からないが、980SFFのeSATAインタフェースにはHDDを1台しか接続できないのかもしれない(RAIDとの関係か?)。

4. それでは(過去のマシンのHDDにいつでもにアクセスできるようにするという)所期の目的を果たせないので、どうせたまにしか使わないのだから遅くてもいいだろうということにして、USB(2.0)接続を試してみた。

5. 結果として、USBインタフェース経由なら3台のHDDを個別に問題なく認識できた(960&980)。

6. 当初考えていたとおりにはならなかったので少し残念だが、満足度は60%くらい。

7. ファンの音はうるさいので、通常は電源を入れないことにする(必要な過去のファイルにアクセスする場合のみ使用するので問題ない)。

8. これでメインマシンをWin 7にしても、少なくとも現在のHDDに入っているデータにはアクセスできる環境が整ったと考える。大量のデータを移す場合にも一時的にeSATA経由で1台だけ接続すれば問題はないだろう。

9. ちなみに、それ以前のマシン(DELL Dimension 4600)のHDDはIDEなのでこの箱には入らないが、これは別に単体のハードディスクケース(USB)があるので問題ない。
[PR]
by Yoshi09001 | 2012-11-17 08:44 | 翻訳 | Comments(0)

Windows 7への移行に向けて

懸案となってきているWin 7化、着々と準備を整えつつあります。

ここ数日で購入したものをまとめておきましょう(OS+HDD+Memory+HDケース)。

1. Windows 7 Professional 64bit SP 1 日本語 DSP版 DVD: 12,980円
2. 日立 HGST 2.5inch 750GB 16MB 7200rpm SATA3.0Gb/s x2: 11,960円
3. BUFFALO メモリ (DDR3-1333) 4GB×2枚組 x2: 7,760円
4. MARSHAL HDD TOWER 4 MAL-3035SBKU3: 10,899円

合計43,599円

ハードディスクはRAIDなので2台。メモリーも16GBまで積み込みます。4 のハードディスクケースは2.5インチと3.5インチのHDDを合計4台まで収納でき、PCとはeSATA接続が可能。これには取り外したHDDや旧マシンDELL Dimension 8400/4600のHDDを入れておこうと考えてのこと(昔のデータへのアクセスのため)。

まず、現在メインで使っているDELL Optiplex 980(クアッドコア)の移行を行います。なお、サブマシンのOptiplex 960(デュアルコア)は当分の間(少なくとも数ヶ月)はXPのままにしておきます。

これで材料は揃ったはずなので、あとはタイミング。OSを移行してTradosを初めとする各種ツールをインストールし、まともに翻訳作業ができるようにするまで、最低でも2日くらいはかかるでしょうし、トラブルが発生したら面倒なことになります。

今すぐにはとても無理なので、仕事が一段落してからにしたいのですが、そんなことを言っているといつまで経っても始まらない。悩ましいところです。
[PR]
by Yoshi09001 | 2012-11-14 08:03 | 翻訳 | Comments(0)
我が家にはサブマシンとしてDELLのノートPC、Latitude 520が3台ある。

1台目は2006年頃に買ったCeleronマシン。2009年にメモリーを2GBに交換。その後1GBに戻した。液晶がだめになって2011年6月にオークションで10,500円で買ったディスプレイに交換。

2台目は2010年7月にオークションで買ったもの(24,500円)
これは2台あるとInput Directorで行き来して2枚の画面を使えるのが便利なので買った。主につれあいがPDF原稿をWordで整理するのに使っている。キーボードがNGになり、2011年12月に英語キーボードに交換(1,300円)。

Intel Core 2 Duo T7200(動作周波数 2.0GHz)
メモリー1GB(1024MB)→増設して3GB、HDD80GB

3台目は2011年11月にオークションで買った(10,599円)。これはWindows 7でTradosやその他のツールが動くかどうかの検証のため。

Core2DuoT5500/1.6GHz/RAM2GB、これに新しいHDD(300GB)を入れ、Windows7で快適に動作中。バッテリーはNGだったのでこれもオークションで新品を買って交換。

今回故障したのは最初の1台で、電源スイッチの左にある A と 矢印の2つのランプが点滅するだけで起動しないという症状。当初はマザーボードの故障と考え、あきらめていたが、やはり不便なのでオークションで物色中にジャンク品扱い(ディスプレイ不良、HDDなし)のCeleronマシンを見つけ、2,700円で落札(送料込みで3,900円)。

ところがこのジャンク品、まず無線LANが動作せず、見たらカードが無かった。元のマシンからディスプレイと無線LANカード、メモリー1GBを取って交換したら、何と1台目の故障と同じ症状が再現。むむ、結局、1台目の故障はこの1GBのメモリーの不良だったことが分かった。

最初に気が付いていればジャンク品を買わなくても済んだのに、残念でした。現在、2GBのメモリーを手配中(2,230円)。

けっこう手がかかります。ただ、同じマシンを持っていると、故障時にはHDDを交換するだけで動くようになるのが嬉しいですw。クローン化も簡単だし。
[PR]
by Yoshi09001 | 2012-10-27 07:44 | 翻訳 | Comments(0)

取引先の新規開拓?

まず、今朝の収穫。ゴーヤは意外に長続きしており、これで163本目でしょう。あと10本以上は収穫できそうです。
c0199370_80445.jpg

今日は翻訳の取引先を新規開拓か、という話。JATに入会してから初めてですが、香港の会社からJAT経由の打診があり、Webで確認したりFBで聞いてみたりしたのですが、特に問題なさそうな普通のエージェントみたいだったので、海外の仕事を経験しておくのも悪くないか、ということで先に進めてみました。

ところが、送られてきたサンプルファイル(トライアル的なもの)を見て、急にやる気がなくなりました。Wordファイルなのですが、単に単語をリストアップした対訳表のようなものになっており、前後関係がまったく分からない、私の一番嫌いなタイプの原稿です。これでは高品質の翻訳はできません。

そうか、この会社が使っている特殊なツールだからこうなるのか、とは思ったのですが、私にとっては最悪のパターン。そこで、これからお断りのメールを書こうと思っているところです。その会社からのファイルがこのような形でしか提供されないなら、わざわざ苦労することはありません。さて、どうなるか。
[PR]
by Yoshi09001 | 2012-09-26 08:13 | 翻訳 | Comments(0)
先日(9/8)開催されたJATセミナー(Writing Skills)で、講師の Lynne E. Riggs さんが配布した「A Translation Editor’s Checklist」ですが、その後、その内容について何回かやりとりした結果、2カ国語による改訂版をいただきました。元のチェックリストで分かりにくかった部分を日本人向けに修正し、いくつかの項目を削り、日本語の注釈を付けたものです。皆様の参考になればと思い、ここで公開させていただきます。なお、同じものをJATのサイトでも公開する予定とのことです。以下引用。

============================

A Translation Editor’s Checklist
《和英翻訳の留意点》

Adjective exaggeration; overly exotic glosses
《大仰な形容、異国情緒への媚(こび)の抑制》
Active and passive voice used appropriately
《能動態と受動態の臨機の使い分け》
Consistency
《首尾一貫性》
High-context/cryptic references
《「高い文脈性」「思わせぶり」への手当》
Japanese words added where needed; omitted where wise
《日本語を入れるべき時、入れざるべき時》
Logic markers gone missing
《論理マーカーとしての助詞の尊重》
Metaphors mixed
《ちぐはぐな隠喩の調整》
Modifiers misplaced
《修飾語句の適正な位置の確認》
Nuances lost
《語感の蒸発》
Omissions, inadvertent or intentional
《ミスによる脱落か意図的な省略か》
Overconfident flourishes
《翻訳者の過剰な「ノリ」》
Proper noun possessives
《固有名詞の所有格》
Preposition improprieties
《不適切な前置詞》
Pronoun pitfalls
《代名詞の分別ある使用》
Redundant words
《冗語》
Referent ambiguity
《指すものが曖昧な代名詞》
Relative clause or prepositional phrase when adjectives will do
《関係代名詞節・前置詞句を簡潔に表す形容詞はないか》
Repeated words
《同語の重複使用》
Run-on sentences
《「サナダ虫文」の駆除》
Singular where it should be plural and vice-versa
《名詞の単・複に注意》
Singsong rhythm
《安っぽいリズム、単調なリズム》
Spineless sentences
《目鼻のついていない文》
Source-language syntax drag
《日本語的統語法》
Source-language rhetoric fluff
《日本語的装飾》
Too many big words/too many small words
《高級語の過剰使用/日常語の過剰使用》
Topic buried
《埋もれたトピック》
Phatic needs trimming
《「社交辞」の剪定》
Transition words in excess/in need
《つなぎの言葉の過剰/不足》
Vapid verbs
《気の抜けた動詞を生きた動詞に》

==========================

以上です。私はこれを受けて、自分なりのチェックリストを作ってみようかと考えております。

以上、ご参考まで。
[PR]
by Yoshi09001 | 2012-09-17 08:38 | 翻訳 | Comments(2)