ベランダで作る野菜の記録


by yoshi09001

<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

JTF翻訳祭

昨日は翻訳業界の一大イベント、JTF翻訳祭に参加してきました。そこで感じたことを、忘れないうちに書いておきます。今回はメモをとれなかったので、頭の中に残っているものだけ。間違っていたらごめんなさい。

私が出た最初のセッションは遠田先生の「英訳は日本語の読みで勝負」

遠田先生はとてもかっこいいですね。いつも通りのオーディエンスを引き込む話し方で、つくづくプレゼンテーションのうまさを感じます。そして内容がいい。

理解する
意味を訳す
読者のために

という大事な3点を、実例をあげながら解説されました。いつも感心するのは、過去に出会った実際の例をもとに説得力のある話にされていること。いずれも我々がよく目にすることだけに、そういう話をしてくださったことがとても嬉しい。共感することばかりでした。

それと、Google翻訳の方が下手な翻訳者の訳よりもずっと良い、という実例を見せられて、そこまできたか、という印象を持ちました。


2番目は十人十色の「使われないツールの使い方」
c0199370_932310.jpg

CATツールというものの位置付けを明確にし、何が問題なのかをえぐり出し、それでいいのか、どうすべきなのかをオーディエンスに問いかけるというもの。いままで、こういう切り口でパネルディスカッションをやった例はあまりないのではないでしょうか。帽子屋さんのリードでうまくまとまったと思います。


3番目のセッション、最初出てみようと思っていたのは「場外決闘の翻訳支援ツール対決」だったのですが、残念ながら座れる席がなく、2番目の候補だった「私たちは逃げ切り世代?」という実川元子さんと井口富美子さんの対談形式のセッションにお邪魔しました。ここも満席の盛況。

実川さんのお話も、そして井口さんのお話もうまくかみ合っていて飽きることもなく、90分があっというまに過ぎてしまいました。ところで「逃げ切り」という面についての自分の感想は、Google翻訳の進化から、今後、翻訳者には多難な時代となり、より一層の淘汰が進むのだろうということ。ま、自分自身はもう逃げ切っているつもりですが(^^)


そして最後はパネルディスカッションで、「翻訳者に聞きたいこと、翻訳会社に言いたいこと」

とても面白かったです。登壇者はまさにこういう議論にふさわしい人達で、しかも話し方がわかりやすく、さすがのマキさんとくにしろさん。翻訳会社側の田嶌さんも素晴らしかったですね。

翻訳者と翻訳会社との間でのこういう議論はもっとやっても良いのではないでしょうか。時間が短かったのが残念なくらい。まだいくらでも話し合うべき内容はあるような気がします。これで終わらせるのではなく、何らかの形でこの続編が出てくることに期待したい。


今回の翻訳祭は、従来のものとはまったく異質でした。これまでは出たいセッションがなく、参加しようかどうしようか迷うほどだったのですが、今回は出てみたいセッションばかり。どなたかが仰っていましたが、これまでは「アウェイ」だったのが「ホーム」になったと。これもみな実行委員の方々の尽力によるものです。

実行委員のみなさん、ありがとうございました。
c0199370_9485084.jpg

[PR]
by Yoshi09001 | 2016-11-30 09:15 | 翻訳 | Comments(0)

冬支度

Facebookでは「過去のこの日」というのがあって、何年か前のその日の投稿を知らせてくれる。私の場合は野菜畑の投稿が多いので、これがずいぶんと参考になる。

ちなみに昨年の今日は翻訳祭がらみの投稿や畑の収穫の投稿が6件も。

それはいいのだが、今年は季節はずれの雪とその後の寒さで畑の被害がでている。隣の畑では収穫時期の春菊がかなりのダメージを負っていたし、弟の畑でもそらまめの苗がしょんぼりしていた。自分の畑でもまだ小さい春菊の苗が被害をうけたほか、サンチュも部分的に霜にやられていた。

そこで昨日の作業は冬支度。まずは弟の畑で余った玉葱の苗をもらい、40本ほど植え付けてからトンネルで覆う作業。これがけっこう難しく、なかなか綺麗には張れない。更にその右側には春菊の苗を覆うトンネル。
c0199370_141815100.jpg

サンチュも何とか冬を越させたい(昨年は数株だけ越冬に成功!)ので、これもトンネルを作った。そこでトンネル用の細い棒がなくなったので、また自宅から持ってこよう。こうやってカバーしておくだけで霜対策になる。
c0199370_142441.jpg

ちなみに、寒さに強いターサイは問題なかったし、青梗菜も大丈夫だった。ターサイはだいぶ密集してきたけど、もっと大きくなるはず。
c0199370_14231945.jpg

今の時期、晴れていれば作業中もあまり寒くないし、畑仕事には最適かもしれない。ただし、日陰は少し寒い。
c0199370_14271577.jpg

昨日の収穫は白菜とキャベツ、ターサイ、青梗菜、ワケギ。それに大根も2本収穫した。次回は最後のキャベツとカリフラワーを収穫する予定。あと、場所が空いたのでどこかで春キャベツの苗を見つけたいが、近所にはなかった。
c0199370_14323774.jpg

[PR]
by Yoshi09001 | 2016-11-27 14:38 | 野菜 | Comments(0)

Trados 2017に切り替えた

翻訳の仕事を始めた15年前ぐらいから、ずっとTradosのお世話になってきた。最初は某翻訳会社でIT系の仕事をするときで、Tradosでやってくださいと言われ、持っていないと言ったらドングルを支給してくれて、丸1日のマンツーマントレーニングまでやってくれた。それがきっかけ。

ところが、はじめは恐ろしく使い勝手が悪く、いたるところで止まってしまう。それでも使い続けて、「やってはいけない操作」がいくつかあり、それを避けて通れば問題ないことが分かってきたのは2~3ヶ月後。その後、使い方にも慣れたので自分で購入。それからずっとTradosユーザーなので、今更ほかの環境では仕事にならない。

Tradosには良い面も悪い面もあると思うが、1つにまとまった翻訳環境として考えたとき、自分にはこれ以外の選択肢はなく、仕事はほぼ100%、Tradosのお世話になっている。ただしTradosが前提の仕事や、一致率でレートが下がるような仕事は受けていない。あくまで、自分が仕事をする上で最適と考えて選んだ環境に過ぎない。最近は使い勝手が良いと評判のmemoQへの移行も考えないではないが、使い慣れてしまうと別のツールに移行するのは億劫だ。TMの移行も面倒だし。

TMの資産はほぼ100%自分が作ったもので、多少の重複はあるものの、Xbenchの読み込みでチェックしてみたら700万件は超えていた。これが14年間の蓄積。ただ、そういう蓄積されたTMがそのままの形で役立つことはほとんどない。どうやら、自分の頭の中から出てくるものの方がまだ幅が広いような気がする。ま、たまに過去の自分の訳を見て感心してしまうこともある。どうしてこんなにうまく表現できたのだろうとか。もちろん、その逆もある。

TMが役に立つのは、同じクライアントの同じ種類の仕事の場合にほぼ限られるが、そういう場合の威力は絶大だ。同じ企業の決まり切った繰り返しの資料、定期的に発行される通知や社内規程、同種のマニュアル、各種の改訂版など、繰り返しが多い場合のスピードアップ効果は大きい。この仕事を長く続け、同じクライアントからリピートをもらえるようになればTMが生きてくる。

何回かバージョンアップして、一番長く使ったのがTrados2007だと思う。そこからTrados Studio 2014に移行したのが1年ほど前。いろいろ不満はあるものの、なんとか慣れてしまった。更にTrados Studio 2015にバージョンアップ、しかし、ほとんど何も変わらなかった。

今回のTrados Studio 2017へのバージョンアップは、これまではできなかった、改行で切れてしまった文節の結合ができるようになったのが自分にとって唯一の利点。もちろん、Tradosの使い勝手の悪さはそのままなのだが、ある程度それに慣れてきた自分にとってはその方がありがたい。使い始めてからまだ1週間ほどなので、いずれ使い方の注意点などもまとめておこうかと思うが、文節結合機能のおかげで、これからしばらくはTrados Studio のお世話になりそうだ。

しっかり種蒔きした春菊。大きく育ってくれればいいが。
c0199370_9531234.jpg

[PR]
by Yoshi09001 | 2016-11-23 10:01 | 翻訳 | Comments(0)

里芋の不思議

最後に残った里芋2株を収穫するつもりだった昨日。その前に四角豆と空心菜を抜いて片付け、跡地をきれいにして、さて、とおもむろに鍬を入れたのだが・・・。ほとんど悪夢のような状況。上だけは大きかったのに、子芋も孫芋も何も付いておらず、太い根っこだけ。去年はそういうのばかりだったので失敗の年かと思ったのだが、今年は他の株はいずれも立派な収穫だったのに、最後の2株だけが失敗。

よくよく考えると、この2株は新しく種芋を植えた分ではなく、勝手に去年のが出てきたもののような気がする。分からないものだ。写真を撮っておけばよかった。

片付けた後はさっぱりして気持ちいい。さて、次は何を植えるか。
c0199370_8551893.jpg

昨日はキャベツと白菜を収穫しようかと思っていたが、順調に育っているので、もう少し大きくしてからにする。楽しみだ。
c0199370_856504.jpg

白菜はなかなか巻いてくれない。手前の方だけなんとか巻きはじめたが。
c0199370_953473.jpg

ターサイも大きくなったので間引きを兼ねて収穫開始。
c0199370_8584096.jpg

青梗菜も収穫適期だ。大きくなったのから順番に。
c0199370_905244.jpg

昨日の収穫。ブロッコリーはこれで最後。大根は初収穫。赤いのは弟の畑からもらった赤大根。
c0199370_921651.jpg

昨日は最後にサヤエンドウとスナップエンドウの種をまいておいた(少し出遅れたが、おそらく大丈夫だろう)。
[PR]
by Yoshi09001 | 2016-11-21 09:09 | 野菜 | Comments(0)
昨日は最後の安納芋掘り。前回から2週間も経っているので、相当に大きくなっていることを期待していたのだが、大外れだった。どの株も小さいのしか付いておらず、何が悪かったのかもよくわからない。近所の畑の人は、安納芋はそんなもんだよ、というので、そうなのかもしれない。
c0199370_8531778.jpg

安納芋の跡地はジャガイモ用にとっておくか。
c0199370_984373.jpg

空心菜と四角豆はもう終わりなので、次回は抜いてしまおう。それと、そろそろサヤエンドウの種まきを忘れないようにしないと。
c0199370_8571837.jpg

白菜はまだ巻いてこないのが半分くらい。巻いてきた方も、収穫はもう少し待つ。
c0199370_971788.jpg

ブロッコリーは大きくなっていたので3個収穫して山分け。
c0199370_93333.jpg

カリフラワーは4株のうち大きくなったのは2つだけだった。
c0199370_94559.jpg

春菊の芽が一斉に出てきた。この寒さで大きくなるか、どうか。
c0199370_961086.jpg

次回は霜が降りる前にこの里芋を掘る。
c0199370_921710.jpg

[PR]
by Yoshi09001 | 2016-11-14 09:12 | 野菜 | Comments(2)

秋晴れ

あまり作業することはなくて、どれくらい成長したのかを確認するための見回りが主な目的。空いた場所は十分あるし、里芋も安納芋もそれほど大量に消費はできないので、霜がおりるギリギリまで放っておくことにした。

白菜はだいぶ混み合ってきたので1個だけ試しに収穫してみた。やはり10個もあると、うまく大きくなったのとそうでないのとの差が出てくる。このまま、うまく巻いてくれれば良いが・・。
c0199370_11172652.jpg

ブロッコリーもカリフラワーも順調だ。
c0199370_11184239.jpg

c0199370_1119250.jpg

キャベツも虫食いが激しいので、とりあえず右の1個だけ収穫。
c0199370_11201548.jpg

大根も少しずつ大きくなってきた。
c0199370_11212126.jpg

全景。
c0199370_11221690.jpg

収穫。
c0199370_11223644.jpg

[PR]
by Yoshi09001 | 2016-11-05 11:23 | 野菜 | Comments(0)
今日は朝から今まで、ずっと電話ばかりしていた。

10月3日にメインPCがダウンし、それ以降復旧に努めてきたのだが、昨日あたりから、Office(Word)で認証の警告が出るようになった。あと3日で認証の期限がくると脅かされ、認証しようとしてもできない(インストール時にもできなかった)ので、仕方なくMicrosoftのカスタマーサポート(認証担当)に連絡して調べてもらった。

その結果、このプロダクトキーは正規品ではないことが判明。いわゆる海賊版らしい。このOffice2010は昨年11月にAmazon経由で買ったものだったので、早速Amazonのカスタマーサービスに連絡した。

さすがにAmazonだけのことはある。1年前の購入で、しかも出品者からのものなのだが、返品と返金に応じてくれるという。そして業者にも警告するという。その出品のカスタマーレビューを見たら、半分くらいは同じ「海賊版」の被害に遭っていたらしい。自分は買うとき、ここを見なかったのか・・・。気がつかなかったのか。

それはいいけど、今度はOffice 2016にするつもりだが、またWordやExcel、PPTの設定をやり直しかと思うと気が重い。

仕事も進まないし、まったく腹立たしい。
[PR]
by Yoshi09001 | 2016-11-02 10:57 | 翻訳 | Comments(0)