ベランダで作る野菜の記録


by yoshi09001

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

じゃがいもの植え付け時期は難しい。2月に入ってからになるが、芽が出た頃にちょうど遅霜が降りてしまうことがある。そうすると霜げて(霜に凍って野菜などがしおくされること=精選版日本国語大辞典)しまうのだ。昨日は畑の見回りの帰りに近くのガーデンに行ってみたら種芋を売っていたので、男爵、メイクイーン、きたあかりをそれぞれ1kgずつ買ってきた。さて、いつ頃植え込むか、その1週間ほど前には土を耕しておかないといけないので、2月に入ったら畑仕事も忙しくなる。

今の時期はあまり収穫できるものがなく、せいぜいのらぼう菜やつぼみ菜、それと脇芽から出るブロッコリーぐらい。このところ雨が少なく、土が乾いていたのでしっかり水やり(液肥入り)をしてきた。
c0199370_08324080.jpg

春菊やほうれん草、サンチュのトンネルも開けてみた。トンネルに入っていれば霜げることも少ないが、それでもサンチュは多少霜にやられていた。
c0199370_08355334.jpg

やはり、ほうれん草は強い。しかし、なかなか大きくならない。
c0199370_08374524.jpg

春菊も大丈夫だったが、成長は遅い。いつになったら食べられるようになるのか・・。気の長い話だ。
c0199370_08391420.jpg

ということで、昨日の収穫はこれだけ。つぼみ菜、のらぼう菜、ブロッコリー、わけぎ、サンチュ。それとぼろぼろになった最後の青梗菜。のらぼう菜やつぼみ菜は炒めるととても甘くて美味しい。この時期の貴重な葉物野菜だ。
c0199370_08411133.jpg






[PR]
by Yoshi09001 | 2017-01-30 08:47 | 野菜 | Comments(0)

冬は何をすれば・・

今年2回目の見回りだったが、目立った変化は見られない。成長が遅くなっているというか、ほとんど成長していないようだ。それでもトンネルに入れてある玉葱や春菊は霜柱で浮き上がってしまうこともなく、なんとか生きている。その反面、トンネルで覆いきれなかった部分は部分的だが霜にやられている。毎年の繰り返し。防寒対策が大事だ。
c0199370_09280658.jpg

ほうれん草は寒さに強いとはいうものの、この寒さではなかなか大きくなれない。それでも中心の方に新しい葉が出てきたので楽しみだ。
c0199370_09291149.jpg

これは空豆。トンネルの中なので元気。
c0199370_09324715.jpg

昨日の収穫はつぼみ菜、のらぼう菜、ターサイ、青梗菜、ブロッコリー、大根、白菜。大根もぼけてきたので全部とってしまった。白菜は寒さにやられて情けない姿。
c0199370_09335839.jpg


[PR]
by Yoshi09001 | 2017-01-19 09:38 | 野菜 | Comments(0)

今年初めて畑の見回り

前回は大晦日に行ったので、昨日はちょうど10日目。冬の間は成長が遅いので、ほとんど変化はないが、それでも多少の収穫はある。サンチュは本格的に収穫できるようになってきたし、春菊も少しずつ大きくなってきた。

c0199370_09303387.jpg

春菊はまだ収穫できる段階にはならない。もう少し待とう。
c0199370_09325065.jpg

昨日の収穫はいつもと同じ、ブロッコリー、ターサイ、青梗菜、のらぼう菜、大根、サンチュ、ワケギといったところ。葉物野菜の少ない今の季節はのらぼう菜があるので助かる。
c0199370_09364193.jpg

次回はまた10日後あたりか。
c0199370_09373314.jpg




[PR]
by Yoshi09001 | 2017-01-11 09:41 | 野菜 | Comments(0)