ベランダで作る野菜の記録


by yoshi09001

<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

冬支度

そろそろ初霜の話が聞こえてくるようになり、寒さに弱い野菜(ここでは春菊、サンチュなど)はトンネル掛けなどの対策を急ぐ時期。昨日は万願寺唐辛子とシシトウも最後の収穫を終えて片付け、跡地にはサンチュを移植し、そのトンネル掛けと通路側の春菊のトンネル掛けを行った。これで何とか冬を越せるだろうか・・。もう1畝やりたかったのだが、3本だけでちょうど材料がなくなってしまい、これでおしまい(無計画)。
c0199370_08504056.jpg

収穫はこの通り、白菜は1つだけ大きくなっていたので収穫。その他、隣の弟の畑から大根や赤カブ、レタスなどをたくさんもらった。
c0199370_08371353.jpg

寒さが増してきて生長がかなり遅くなった。春菊は年内に収穫を開始できるかどうか、かなり微妙だ。ターサイはこれから順番に収穫していく。
c0199370_08510717.jpg


[PR]
by Yoshi09001 | 2017-11-27 08:52 | 野菜 | Comments(0)

ブロッコリーの収穫

ブロッコリーの収穫が始まった。もう少し先だと思っていたのだが、意外に生長が速い。昨日は6株あるうちの4株を収穫。嬉しいことに、中心に出来たのを収穫しても脇芽からまだ出ているのを確認。しばらくは続きそうだ。それ以外の収穫はあまり多くない。
c0199370_08205424.jpg

昨日の主な作業は空豆のトンネル掛け。心配していた発芽率もそれほど悪くない。これは前回収穫したものを乾燥させて種として保存しておいただけ。あんなひからびた種からしっかり芽がでてくるのは不思議としか言いようがない。
c0199370_08230818.jpg

空豆の種は鳥に食べられてしまうといけないので不織布をかけておいたのだが、芽が出た後は保温と防虫のためにトンネル掛けが必要だ。今回は適当な材料がなかったので、やはり不織布を使った。安あがりだ。春菊やサンチュも冬を越させるにはトンネルが欲しいが、もう材料がない。こんど買ってこよう。
c0199370_08275179.jpg

ターサイやサンチュもそろそろ収穫できるようになる。
c0199370_08311166.jpg

春菊もだいぶ大きくなってきた。去年の経験から、越冬させるには寒さ対策が不可欠だ。霜がおりたらおしまいなので、その前に何とかしておかないと。
c0199370_08330307.jpg

これからしばらくは晴天が続きそう。次回の予定は1週間後の日曜日。
c0199370_08344220.jpg





[PR]
by Yoshi09001 | 2017-11-20 08:41 | 野菜 | Comments(0)

玉葱のトンネル掛け

昨日は前回からちょうど1週間目、強風後の見回りとトンネル掛け作業に行ってみた。やはり強風でブロッコリーやカリフラワーが倒されていたので、補強から作業開始。
c0199370_08014733.jpg

先に植えたブロッコリーはだいぶ大きくなった。もうすぐ収穫できるようになる。支柱が邪魔しているので少しずらしておいた。
c0199370_08031743.jpg

植え付けてから12日目の玉葱はしっかり根付いてきたようで、昨年の失敗(根付く前に霜柱で浮いてしまう)を繰り返すことはなさそうだ。ただし油断は禁物。普通は黒マルチで保温対策をするのだが、今年は黒マルチを使わずに植えてしまったので、代わりにトンネルで保温することにした。雑草対策にはならないが仕方ない(かなりいい加減)。
c0199370_08001605.jpg

ターサイやサンチュもだいぶ大きくなってきた。ターサイは保温対策なしでも大丈夫だが、サンチュは冬を越せないので早く大きくなって欲しい。
c0199370_08062240.jpg

白菜も巻いてきた。収穫時期が待ち遠しい。
c0199370_08070058.jpg

昨日の収穫は少ない。シシトウと万願寺唐辛子、ピーマン、小ネギ、セロリ、唐辛子など。シシトウ関係はもう大きくならないので、そのうち撤去してしまおう。
c0199370_08085014.jpg

本格的な冬に向けた作業は終わったので、これから先は10日に1回程度の見回りと収穫で十分だろう。
c0199370_08134979.jpg


[PR]
by Yoshi09001 | 2017-11-12 08:18 | 野菜 | Comments(0)
冬支度に入る前の作業で残っていたのが安納芋掘り。ここは3株ほどしか植えていなかったのだが、葉がよく茂っていたので期待はしていた。
c0199370_08200219.jpg

結果はこの通り、立派に太った安納芋の収穫。
c0199370_08102949.jpg

引き続き安納芋を掘ったところや四角豆があった場所を耕し、4畝ほど作った。
c0199370_08124685.jpg

苦土石灰を撒いてきれいに整地しながら牛糞や油かすもすき込み、まず春菊を植え、さらに青梗菜やほうれん草の苗も追加。
c0199370_08133981.jpg

次はつぼみ菜とのらぼう菜。苗が適度な大きさまで生長していたので、大きいのだけ選んで植え付けた。向こう側がつぼみ菜、手前がのらぼう菜。さらに空豆の種が散らばっていたので不織布でカバーしておいた。うまく発芽するかどうか。
c0199370_08172253.jpg

入口の方にも余ったつぼみ菜を植え、これで主な作業は完了。4時間以上かかった。トンネル掛けまではできなかったので、次回の作業にしよう。
c0199370_08233353.jpg

最後にピーマンやシシトウ、セロリ、小ネギ、その他を収穫しておしまい。
c0199370_08241586.jpg

次回のトンネル掛けは準備だけ。
c0199370_08311988.jpg



[PR]
by Yoshi09001 | 2017-11-05 08:33 | 野菜 | Comments(0)

里芋じゃなかった?

昨日は通販で届いたばかりの玉葱の苗を植えるのが主な目的で、おまけに空豆の種も埋めてきた。玉葱は次回トンネル掛けを予定。

c0199370_11453814.jpg

ところで、その前に里芋?掘りという難関があった。

どう見ても里芋のような大きな葉が出ていたので、てっきり里芋だと思っていたのだが、どうやら違ったらしい。近所の人に「おまえの作っているのは何だ?」と聞かれ、里芋じゃないですか?と言うと、違うと。だが、何だかわからない。勝手に出てきたのを植え替えて育てただけなのだが、どうやら場所を無駄にしただけだったらしい。

掘ってみると、やはり普通の芋は付いておらず、それでも根っこの先に小さな芋が付いていたので取るだけは取ってきた。洗ってみるとこんな感じ。これ、何だろう。調べてみてもよく分からない。
c0199370_11413095.jpg

そんな得体の知れない里芋もどきがおそらく20本近くあったのだが、掘って片付けるのに一苦労。これはほとんど片付けた後なのだが、とにかく大変な作業だった。
c0199370_11494994.jpg

せめてもの救いは、それほど期待していなかった安納芋がなかなか立派だったこと。今回はこの1株だけだが、次回は入口付近のも掘ってみる。
c0199370_11515871.jpg

昨日はその他にもパプリカを2本片付けた。少しずつ冬支度をしていかないと。次回は防寒用のトンネル掛けの作業がある。なかなか忙しい。この収穫は片付けたパプリカに付いていた実と、安納芋、それに里芋もどきの小さな芋など。
c0199370_11582001.jpg

全体的にだいぶさっぱりしてきた。のらぼう菜やつぼみ菜の植え替え先もできた。
c0199370_12000678.jpg


[PR]
by Yoshi09001 | 2017-11-01 12:05 | 野菜 | Comments(0)