人気ブログランキング |

ベランダで作る野菜の記録


by yoshi09001

<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年もとうとう大晦日。何となく慌ただしく過ぎてしまった1年間でした。さて、年末恒例の翻訳業としての稼働データのまとめです。

まずは稼働日数。今年は249日でした。休みの日数は116日なので、1ヶ月に10日くらいは休み。週2日の休みは確保できており、まあまあのペースではないでしょうか。
c0199370_08542906.jpg


正味の稼働時間はこんな感じです。2018年の1日あたりの稼働時間は3.8時間。かなり少なくなりました。稼働日数はそれほど減っているわけでもないので、1日あたりの時間が減ったことになり、これも自然な流れ。
c0199370_09034106.jpg


次に売上高の推移。この仕事を始めた2002年を除くと、この16年間で最低になりました。年齢(68歳)や持病を考えると、こんなものでしょう。ここ数年は単調減少です。
c0199370_08583786.jpg


さらに、日英と英日の比率(枚数ベース)。2018年は英日が多かったようです。
c0199370_09125823.jpg


ただし、金額ベースにするとそれほどの差はありません。日英の方が枚数あたりの単価が高いせいですね。
c0199370_09132755.jpg


時間単価の推移はどうかと言えば、こんな感じ。ここ3年間のレベルは、単価の低い取引先からの受注が減ったせいでしょう。
c0199370_09161803.jpg


最後に、各データを比較してみたグラフ。2003年を1とした相対値です。
c0199370_09190967.jpg

おそらく、今後も長期低落傾向が続きます。年齢とともに集中力も低下し、体力的にもそれほど頑張りがきかなくなってくるので仕方ありません。それでも、まだしばらくはこの仕事を続けられそうな気がしています。少なくともあと2年は大丈夫、というところでしょうか。



by Yoshi09001 | 2018-12-31 09:27 | 翻訳 | Comments(0)

今年最後の見回り

特に必要な農作業もなかったのだが、弟から赤カブが豊作なので採りにきてくれ、という連絡をもらったので行ってみた。たしかに豊作のようで、立派なカブをたくさん抜いてくれた。ここまで育てるのは大変だっただろう。自分の場合、カブはいつも失敗してしまうので実にありがたい。さっそく3つに分けて近くの息子や娘の家に届けた。甘酢漬けにする。
c0199370_08521541.jpg

その他の作業は、タマネギの苗に近いところの草取りと、シシトウ、ピーマン、唐辛子等の後片付け。既にしなびているけど、何とか食べられるだろうか・・。
c0199370_08555664.jpg

山わさびも1株だけ掘ってみた。大量に消費するわけではないので、増えすぎても困る。
c0199370_08573191.jpg

まわりの畑は冬野菜でいっぱいなのだが、自分の畑は休ませているだけ。頻繁には来られないので仕方ない。次は3月初めにジャガイモをたくさん植えるつもり。
c0199370_08581676.jpg




by Yoshi09001 | 2018-12-17 09:06 | 野菜 | Comments(0)

庭の菜園は最盛期

庭に植えてあるものはほとんど収穫期なので、毎日、食べる分だけを収穫している。これから寒くなるし、冬は越せないものも多いので今のうちにせっせと食べる。

全体はこんな感じになった。計算すると3坪ほどしかないのだが、これで十分だ。
c0199370_08025352.jpg

手前の畝はルッコラとサヤエンドウ、その次はのらぼう菜とかき菜、青梗菜。真ん中の畝は小松菜、レタス、サニーレタス、イタリアンパセリ、春菊、水菜。その向こうはルッコラ、カリフラワー、サンチュ、ほうれん草。その奥にブロッコリー。スナップえんどう。
c0199370_08041360.jpg

のらぼう菜とかき菜の苗が余ったので、ポットにも植えてみた。こちらがのらぼう菜。
c0199370_08082258.jpg

そして、ここにもかき菜。ただしポットで育てる場合は水やりが必須になる。そうすると、旅行などで家を何日も空けることはできない。
c0199370_08085959.jpg

隅っこにも小ネギなど。薬味用に使える。
c0199370_08104512.jpg

生野菜は毎日の食卓へ。いつも採りたての野菜が食べられるのは嬉しい。
c0199370_08221182.jpg





by Yoshi09001 | 2018-12-02 08:26 | 野菜 | Comments(0)