ベランダで作る野菜の記録


by yoshi09001

Dell XPS タワー 8920

最近ずっとPCの動きがもたもたする感じで、フリーズっぽい動きも多く、そろそろ買い替え時かと思っていた。今の現役メインPCはDell Optiplex 980SFFというマシンで、小型ながらデュアルディスプレイにも対応し、何かと気に入っていたのでもう7年以上も使った(サブPCはそれより2年前の960SFF、もう9年!)。

Trados Studio 2017での作業中にいらいらするほど遅いわけではないが、次の文節に移行するとき一瞬の間があるような感じと、素早く操作したときにフリーズしやすい傾向がある。やはりCPUの性能的には最新のが欲しい。そこで、そろそろ更新しようと考えるようになった。今回も同じ大きさ(SFF = Small Form Factor)のマシンが欲しかったのだが、そういうモデルはもう販売しておらず、ある程度の性能が必要な場合にはタワータイプになってしまう。

パソコンを選ぶときの方針は、第一に静粛性。これは絶対に譲れない。次はそこそこの性能があってメモリーをたくさん積めること、SSDが付いていればなおよい。もちろん、デュアルディスプレイで、将来のことを考えて高解像度までのサポートが必要だ(今のPCは1920x1200まで)。

私の場合、パソコンはDellに決めている。開業以来16年、4600、8400、960SFF、980SFFと使ってきたが、Dellが気に入っている理由は:
1. 自分の好きな構成をある程度自由に選べる
2. 余分なソフトが入っていない
3. Web上に各種マニュアルが公開されており、マシンの内部に手を入れやすい
4. 長期サービスがある(対応も悪くない)

というところ。今回もいろいろ調べてみたら、自分の条件に合うのは「XPSタワー8920」しかないことが分かった。何件かのレビュー記事から、静粛性については心配なさそうだ。ちょうどボーナスキャンペーン中だったので、「メインストリームグラフィック」というタイプを選んだ。Specは以下の通り。これで約16万円弱の出費。追加HDDとメモリーを合わせて18万円を超えてしまった(PC買い換え時は大抵これくらいの金額になる)。

XPS 8920, Windows 10 Home 64ビット 日本語 - XPSタワー メインストリームグラフィック
ベース: XPS 8920
CPU: 第7世代 インテルR Core? i7-7700 プロセッサー (8M キャッシュ, 最大 4.2 GHzまで可能)
OS: Windows 10 Home 64ビット 日本語
オフィス プロダクト キー: MicrosoftR Office Home & Business Premium (日本語) MPI カード
Microsoft ソフトウェア: MicrosoftR Office Home & Business Premium ソフトウェアイメージ
メモリ: 8GB デュアル チャンネル DDR4 2400MHz (4GBx2)
ハードディスク: 2TB 7200 rpm ハードドライブ + 32GB M.2 SSD キャッシュ
光学ドライブ: Tray load DVD ドライブ (Reads and Writes to DVD/CD)
Video カード: NVIDIAR GeForceR GTX 745 4GB DDR3 グラフィックス メモリ付き
ワイヤレス: 802.11ac + Bluetooth 4.2
年中無休 9時~21時 電話サポート
シャーシ: XPS 8920, Mainstream シャーシ (460W)
安心サポート: 4年間 訪問修理サービス (リモート診断付き) (6営業日9-17時)
------------------------------------------------

メモリーが少ないのは、増設して24GBにするつもり。HDDも追加で1台、2TBのを増設する。さらに1スロット余るので、昔のマシンに入っていた3.5インチのを入れておくこともできる。残念ながらRAID構成にはできそうにないので、バックアップを確実に行うことで対応する(今と同じ)。

新PCは2週間くらいで届くはずだが、悩ましいのはバックアップ体制をどうするか。今のメインPCをサブにして、サブPCはいつでも動作させられるバックアップ用にする。問題は4枚のモニターとPCの接続方法。結局、次のようになりそう。

左の24インチ: 8920 + 960SFF (HDMI+ DVI or VGA)(モニターのスイッチで切替可能)
中央の24インチ: 8920 (DVI)
右の24インチ: 980SFF (DVI)
右上の19インチ: 980SFF (VGA)

こうしておけば、バックアップマシン(960SFF)も左のディスプレイを切り替えて表示できる。あとは今までの関係と同じ。下の写真は現在の構成。新マシンが入ったらまたレポートする。
c0199370_09561874.jpg


[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-07-15 10:01 | 翻訳 | Comments(0)

強烈な陽射し

ひざし、で変換候補にでてくるのは日射し、日差し、陽射しなど。どれでもいいのだろうか。柔らかい日差しではないので、ここでは陽射しかな。日本語はむずかしい。昨日はとにかく強烈な日射だった。

c0199370_08292971.jpg

昨日の見回りは前回から4日目。前回は草取りをしなかったので、雑草が伸び放題だ。できれば少しでも取っておきたいのだが、この暑さではとても無理。危険なのは、しゃがんで作業をしていて急に立ち上がったとき。急にふらっとしたり、貧血にでもなると大変だ。なので、昨日も草取りはほんの少しだけにしておいた。水やりだけでも大変だし(バケツ9杯分も)。
c0199370_08360659.jpg

初収穫は空心菜とラディッシュ。モロヘイヤは2回目。空心菜はこれからどんどん穫れるようになる。
c0199370_08384863.jpg

収穫はこの通り。ゴーヤ2本、胡瓜2本、茄子1つ、ミニトマト、シシトウなど。茄子は今年も失敗で元気がないし、あまりたくさんは穫れそうにない。
c0199370_08414027.jpg






[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-07-12 08:47 | 野菜 | Comments(0)

お約束

孫がじゃがいも掘りをずっと楽しみにしていて、長靴を用意したり、準備万端だったのに、いざその日になったらタイミングが悪く、ちょうど眠たくなる時間だったらしい。何とか畑には連れられて来たものの、4時過ぎでもまだ暑く、そのせいもあってかご機嫌がよくない。メイクイーンの茎を持ち上げて根っこについている小粒のを見せたかったのだが、あまり見てくれず、最後はお父さんにだっこされて泣いてしまった。

仕方ないので大人たちだけで収穫し、これで今年のジャガイモはお終い(収穫の写真なし、撮り忘れw)。掘ったのはここと、もう1か所。ジャガイモのあとは小規模に安納芋を育てるつもりだが、出遅れているのでうまくいくかどうか・・。
c0199370_08205335.jpg

ゴーヤはこれを収穫した。今年は長れいし2株とアバシゴーヤ2株を育てている。これは長れいし。
c0199370_08231866.jpg

昨日の初収穫はモロヘイヤ。だいぶ大きくなってきたのでもう摘んでも大丈夫だ。背が高くならないように(脇芽を多くするため)、早めに摘んでしまった方が良いらしい。
c0199370_08254707.jpg

ゴーヤ棚もどんどん大きくなっている。元気で大きな葉っぱを見るのは気持ちいい。
c0199370_08264061.jpg

さて、次はいつにしようか。もうじき、梅雨明けになるのではなかろうか。それにしても草取りが大変だ。
c0199370_08300499.jpg






[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-07-08 08:37 | 野菜 | Comments(0)

長かった仕事

今年に入ったばかりだと思っていたのに、もう半分も過ぎてしまった。この半年は例年になく忙しかったようで、ある翻訳会社の仕事が年初からずっと続き、それがようやく終わりになったと思ったら別の1年ぶりの会社から中くらいの仕事が来て、それを今日の午前中に納めたところ。

それで、今、ようやく手持ちの仕事がなくなった。タイミングよく勉強会の課題も出たので、しばらくは退屈しないですみそうだ。

仕事がしばらく来ないと不安になるのは間違いない。私は毎日の仕事をExcelで記録しているので、ふと思いついて調べてみたら、最近では2015年に連続18日も仕事が来ていないときがあった。それ以外は、たまにせいぜい2~3日か、長くても5日くらい空く程度だ。もっと遡ると、2011年にも連続11日の「仕事なし日」があった。その前は2009年、ツレが病気になって仕事を休む宣言をしたときの1ヶ月半。

仕事が来なくなると不安になるのは誰でも同じだろう。一般に理由は分からない。大波小波があって、来るときはいくらでも来るし、そういうときに他社を断ってばかりいれば、そのうち断った先の会社からはだんだん来なくなる。そういうものだ。

今年は特に1社、しかも英訳に偏っている。その会社から続けてくるからそうなるのだが、その間、それ以外の会社の仕事を断り続けることになり、何と昨年までは頻繁に受けていたある会社からは今年はほとんど受けていない。このまま消えてしまうのかもしれない。

そこで、今たくさん仕事をくれている会社の事情が変わってそこからの受注がなくなるとどうだろう。ま、今のプロジェクトが終われば必然的にそうなる。そうすると、これまでの半年間断ってばかりだった会社からは打診の回数も減っているし、あまりいい傾向ではない。それこそ、1ヶ月くらいは何も仕事がなくなるかもしれない。難しいところだ。

今日は手持ち仕事がなくなった開放感もあり、さらには胡瓜を収穫しないと大きくなりすぎることもあり、大雨のあとの様子も見ないといけないので畑に行ってきた。

しかし、台風一過の快晴、実に暑かった。草取りなど、とてもやる気にはならないので、早々にひきあげてきた。
c0199370_16500317.jpg

ゴーヤの棚もだいぶ出来てきて、今日は実が3本ほど付いているのも発見した。これからはどんどん収穫できるようになるはず。
c0199370_16512577.jpg

これが最初のもの。もう少しだけ大きくしてから収穫しよう。
c0199370_16525199.jpg

今日の収穫。ゴーヤは今年初だ。パプリカ3個は赤くなるのが待ちきれずに採ってしまった。もう少し待てばよかったかも。胡瓜は採れすぎ。ぬか漬けにでもしようか・・。
c0199370_16570679.jpg

ま、仕事が来なくなったら、もっと頻繁に畑仕事でもやりたい。実に暑いけどね。



[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-07-05 17:04 | 翻訳 | Comments(0)

5日ぶり

このところ、雨だったり仕事が忙しかったりで、前回の月曜日から5日目になってしまった。しかも曇り空からは時折雨が落ちてきていた。

間があくと特に問題なのは胡瓜の巨大化で、生長が早いので本来なら2~3日ごとに見回る必要があるのだが、5日もおいてしまうとこうなる。それにしても大きい。お皿の直径が30cmなので、40cm以上はある。あと1日おいたらどうなっていただろう。
c0199370_08112157.jpg

ちなみに、大きくなってもそれほど食感が悪くなることはなく、みずみずしい状態で食べることができる。逆に普通の大きさでも環境が悪いとぼけてしまい、まったく美味しくなくなる。今のところは大丈夫のようだ。昨日の太い胡瓜も、切り口はみずみずしい。
c0199370_08301692.jpg

胡瓜以外の夏野菜も好調で、中玉トマトやミニトマトもたくさん穫れるようになってきた。ただ、トマトはうっかりしていると脇芽がどんどん伸びてしまうので手入れが欠かせない。
c0199370_08162923.jpg

ゴーヤもようやく棚の天井を這うようになってきた。
c0199370_08192655.jpg

モロヘイヤと空心菜も順調だ。だだし、収穫まではまだしばらく時間がかかる。
c0199370_08210902.jpg

これは安納芋の苗作り。今年は出遅れてしまったのでうまくいくかどうか。
c0199370_08235645.jpg











[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-07-02 08:27 | 野菜 | Comments(0)

初ゴーヤを発見

昨日は梅雨の合間を狙っての畑仕事。とりあえず収穫だけの予定だったが、曇り空でさほど気温も高くないので草取りを始めてしまった。それと、古い種なので出てくるかどうか怪しい人参の種蒔き。

1つだけ嬉しい発見。ようやくゴーヤの実がついた。ここに植えたのはたしか長れいし。ここまでくればあとは早いはず。
c0199370_06465850.jpg

ゴーヤ棚は、そろそろ天井あたりまで到達。これで日陰ができれば休憩場所にもなる。
c0199370_06483308.jpg

山わさびの繁殖力が凄い。その中で茗荷も負けずに大きくなってきた。手前はモロヘイヤ。
c0199370_06512039.jpg

昨日の収穫。万願寺唐辛子は順調だし、ミニトマトも収量が増えてきた。インゲンはそろそろ終わり。
c0199370_06525034.jpg



[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-06-27 06:55 | 野菜 | Comments(0)

梅雨時の畑仕事

梅雨時の畑仕事は予定通りにはいかない。というか、週間天気予報を見ながら予定を決めるしかなく、今回は一昨日の金曜日。次はいつになるだろう。天気予報では月曜日か木曜日が曇りになりそうだが、月曜日では少し早いし、木曜日では遅すぎる。雨の中で収穫はしたくないし。

1つ困ったことが起きていた。共同の井戸(つるべ式)の調子が悪いのだ。どうやら修理したらしく、その結果、かえっておかしくなったみたい。最初はポンピングしてもなかなか水が出てこない状態で、それでもしばらく我慢して押し続けると何とかでてくる。一度調子に乗ればまったく問題なく、水量も多い。ところが、一旦休止してバケツを取り替えるくらいの時間でまた元の状態に戻ってしまう。なかなか大変だ。

自分は子どもの頃の自宅の井戸がつるべ式だったのでコツが分かっている。調子よく水を汲んでいると、近くの人が寄ってきて、「あれ、出るんですか?」と。下手な人はなかなか出てこないのであきらめているらしい。「コツがあるんですよ」と言って教えてあげたのだが、そのうちまた自己流でやってしまうのでうまくいかない。井戸はゆっくり静かに、かつ力強く丁寧に全ストロークを動かさないとだめなのだが、素人の人には分からないらしい。乱暴に扱うとまた壊れてしまう。井戸はとても大事なので壊さないで欲しいけどね。

大風が吹いた割には被害はなかった。他の畑では支柱が傾いていたりするので、私のやりかた、「長く太い支柱の垂直1本立ち」がやはり有効のようだ。ゴーヤもだいぶ大きくなってきた。ここは棚にしているので特に強い。
c0199370_08315810.jpg

胡瓜は半分くらいうどんこ病にやられてしまい、残るのはこの部分だけ。今回は「ストチュー」を噴霧しておいたが、効果はどうだろうか。アブラムシやうどんこ病に効くといわれている。私の場合の「ストチュー」とは、焼酎と酢と黒砂糖を混ぜたもので、100倍に薄めて葉に噴霧する。唐辛子を入れる人もいるらしい。うまくいく方法を見つけるまで、すべては試行錯誤だ。
c0199370_08333384.jpg

メイクイーンを1列だけ収穫して、そこに自宅で発芽させた四角豆の苗を移植。10株ほどになった。直まきだと発芽させるのが難しい(特に日照りが続くとき)ので、このやり方がよさそうだ。
c0199370_08423684.jpg

少し前に種蒔きしておいたラディッシュが発芽していた。もう1つ青梗菜も芽がでていたが、水菜と三つ葉はまだ出ていない。
c0199370_08443613.jpg

収穫はメイクイーン、モロッコインゲン、普通のインゲン、ミニトマト、胡瓜、茄子、シシトウ、万願寺唐辛子。いずれも順調だ。ただし、ピーマンはまだ元気がない。
c0199370_08472872.jpg

人参の種蒔きも予定していたが、この暑さで気力が続かず、次回に延期した。今回の作業は2時間半くらい。
c0199370_08531803.jpg








[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-06-25 08:59 | 野菜 | Comments(0)

昨日の畑も暑かった

昨日は孫と一緒にじゃが芋掘りという案もあったのだが、この暑さでは難しいということで、一人作業の水やりと収穫、手入れなど。

心配していたのだが、前回植え付けた空心菜とつるむらさきは何とか生き残っていた。たっぷり水をやっておいたので、何とかなるだろう。明日からは雨になりそうだし。
c0199370_08110977.jpg

自宅で種から育てた空心菜の苗も植え付けてきた。しっかり根が付いているので大丈夫のはず。
c0199370_08135553.jpg

オクラもようやく大きくなり始めた。
c0199370_08143177.jpg

胡瓜とゴーヤの後ろは日陰になるのでありがたい。
c0199370_08153457.jpg

ゴーヤはまだ棚まで届かないが、元気も出てきたのでこれからが楽しみだ。
c0199370_08164527.jpg

昨日の収穫はインゲンとモロッコインゲンをたくさんと、胡瓜2、茄子5、シシトウ、ミニトマトなど。急いでいたので写真を撮り忘れた。1時間半の作業。



[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-06-20 08:24 | 野菜 | Comments(0)

日陰が欲しい!

いよいよ本格的な夏を思わせる晴天が続くようになったが、梅雨はどこへ行ってしまったのだろう。昨日も快晴だったので畑仕事は厳しいが、野菜たちも頑張っているので助けてやらないといけない。いったん根を張ってしまえば水やりしなくても大丈夫なのだが、あまり日をおくと胡瓜やインゲンが巨大化してしまうので、4~5日に1回は見回りが必要だ。昨日は種蒔きもしたので3時間半の作業だった。

このパラソルは実に役立つ。炎天下でも隠れるところがあればしっかり休憩できる。今年はゴーヤ棚の支柱にくくりつけられるので高さもちょうどいいし、風で飛ばされにくくなった。向こう側の畑でも同じようなパラソルを使っている。みな考えることは同じだ。
c0199370_07470725.jpg

昨日の作業は主に苗の植え付けと遅くなった種蒔き。自宅で根出しした空心菜とつるむらさきを植え付けたのと、水菜、ラディッシュ、青梗菜、三つ葉の種蒔き。それと男爵と玉葱の収穫、自然に出てきた里芋の植え替えなど。これで反対側もほぼ埋まった感じ(空いているように見えるところはモロヘイヤと四角豆のためにとってある。
c0199370_07550364.jpg

収穫は大きくなった胡瓜が8本、茄子が4本、ミニトマト、インゲン、モロッコインゲン、シシトウ、万願寺など。連作障害を心配していた茄子も何とか大丈夫そうになってきた。車が使えるようになったので運搬が楽だ。次回は来週初めごろか。
c0199370_07565437.jpg



[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-06-17 08:01 | 野菜 | Comments(0)
夏野菜の代表格は胡瓜、茄子、ピーマン、トマト。いずれもようやく収穫期に入ったが、梅雨に入ったわりには雨が降らず、地面はからからだ。できるだけ頻繁に畑に通って水やりをしたいのだが、1つ問題がある。共同で使っている井戸の水が減っているのだ。

水が豊富な時期だと、17回ほど漕ぐと15リットルのバケツに一杯になったのだが、ここしばらくはそれが25回くらいになり、昨日は何と36回漕いでも一杯にならないくらい。この15リットルのバケツを8~12杯分、井戸との間を往復して運ぶ。これがけっこう、たいへん。

昨日は春菊とキャベツを片付けて跡地を耕し、水やりして、ジャガイモ(キタアカリとメイクイーン)を収穫した。それだけで2時間半の作業。今の時期はそれほど暑くはないが、本格的な夏になると大変だ。
c0199370_08020695.jpg

通路側のメイクイーンは1列半ほどの収穫だが、思ったより小粒だったのが残念だ。近くの畑では何がちがうのか、大きいのがごろごろ穫れていた。あと、残りは孫と一緒に掘る約束なのだが、なかなかタイミングが合わない。
c0199370_08053068.jpg

種蒔きしておいた空心菜とモロヘイヤも芽が出ていたので、カバーを外しておいた。これはモロヘイヤ。今の乾燥期を何とか乗り越えてもらうため、しっかり水をやっておいたが、水は乾いた地面にすぐ吸い込まれてしまう。
c0199370_08091436.jpg

ゴーヤも少しずつしか大きくならない。去年もそうだったが、あるレベルまでくると急に成長が速くなる。そうなると大変だ。今年は失敗しないようにしよう。
c0199370_08141091.jpg

収穫はキタアカリの残りと、メイクイーン。いずれも小粒だ。その他、インゲンとモロッコインゲンは最盛期、中玉トマトとミニトマトはもうアブラ虫がついてきた。シシトウと万願寺唐辛子も収穫開始。キャベツは虫食いが激しい。茄子は・・なかなか大きくならない。
c0199370_08155093.jpg

昨日は午前中から畑に行ったので、早めに帰って梅の仕込み。梅酒はまず失敗しないが、梅シロップと梅味噌は初めてなので、どうだろうか。考えてみたら、全部梅酒にしてもよかったような・・。梅味噌は、「あなた、それ本当に食べるの? 20年かかるわよ」と言われてしまった。たしかに・・。ま、食べることよりも、作る過程が楽しいのかも。
c0199370_08222431.jpg

[PR]
# by Yoshi09001 | 2017-06-12 08:29 | 野菜 | Comments(0)